建売住宅の「仕事の丁寧さ」はどこで見る?

当たり前なことですけれど、建売住宅の見学は絶対に必要です。建売住宅は素人が見たって感じるものがありますからね。とくに悪い建売住宅の方は、素人の目からも「まずいんじゃない?」という印象を受けますから。

それはなにも、素人の思いなのだからどうのとねじ伏せるのはよくないことですからね。建築の素人だろうと、住宅の良し悪しの直感は割合当たっていたりするのですから。ですから、「この建売住宅やばいんじゃない?」と、直感的に感じたりしたら、その物件はやめておいた方がいいかもしれませんね。

見た目の安っぽさは建売住宅ですから仕方がないとはいえ、扉付けの釘打ちが雑だったりすると、全体的に雑な建て方になっている可能性だってありますからね。仕事の丁寧さは住宅の良し悪しを見る上ではとても重要です。

そしてだからこそ、建売住宅の見学においてチェックするポイントは「丁寧さ」なんですから。建売住宅を見学する際は、扉を開けてみて釘打ちの仕上がりを見たりするのもいいでしょう。細かなところに「丁寧さ」を感じられたらその建売住宅はアタリな可能性がありますから。
PR|http://www.yoko-kensetsu.com/story/0015/

気に入った間取りがなくて結局注文住宅に

「間取り」を優先させたくて、私は結局注文住宅でマイホームを建てました。贅沢な家を作りたいという思いはなかったのですが、建売住宅やハウスメーカーの提案する家では、どうしても気に入った間取りのものが見つからなかったのですよね。

それはどんな間取りかと言われましたら、「土間収納」「広めの玄関」「お風呂や洗面所が二階にある」といったものなのですが、しかしなかったのですよね…。大きな家を望んでいるわけではなく、家の面積も家族三人に合わせて、まあよくある建ち並んでいる建売住宅の敷地ぐらいなものですよ。

しかし先にあげた希望を叶える間取りの住宅が建売住宅にはなかったのです。「土間収納」を備えている建売住宅はあったのですが、私たちが希望する広さの家の面積の場合ですと、「広めの玄関」はついていないものですから。それにまた、たいていの住宅はお風呂や洗面所が一階ですからね。

ですから結局、注文住宅でマイホームを建てました。建売住宅を予定していましたので、土地探しは面倒でしたが、今では注文住宅で建てて良かったと感じています。私たちの希望なんて、ちょっとしたことのように思っていましたが、しかし意外にないのですよね。だから注文住宅という選択肢です。

部屋のしきり壁について

我が家の新築は、あらかじめ決められたプランを元に、ドアを減らしたり、部屋の大きさを変えたりと、変更しながら完成させました。

その中で、ひとつ悩んだことがあります。それはしきり壁についてです。

二階の子供部屋は、当初のプランではしきりがなくオープンになっていました。

その方が、こどもが小さいうちは広く遊べるからです。住宅を購入する年代の多くは、まだ子供が小さい家庭が多いので、しきりがない間取りを提案されることが多いです。

自分の部屋で過ごすような年齢になったら、壁を作ればいいので最初はしきりをしない方も多いです。

しかし、考えた末、私達は最初から壁を作ることにしました。

家を建てる時に作った方が後付けするよりも費用が安かったことと、生活をしているうえで、外部の人が工事をしに何度も自宅を訪れるのは、ストレスになると思ったからです。

そして、作った壁は、それぞれの子供の好きな壁紙の色にしました。

まだ利用するには早い年齢ですが、自分だけの部屋があることに子供達は大喜びしています。

一戸建てのメリットについて

住宅を購入するときに、マンションと一戸建てについてどちらにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。マンションは同じ値段なら立地がいいところに住むことはできます。しかし一戸建てにはいろいろなメリットがあります。

一戸建てはマンションと比べて、音を気にしなくてもいい環境です。

特にお子さんがいるかたは、夜遅く思いっきり遊ぶことができません。

上下階や隣からの苦情も考える必要があります。

一戸建てでも、騒音問題はありますがマンションに比べると小さいです。

庭が広くとれるので、家庭菜園に使ったり駐車場のスペースがとれます。

るという問題があるそうです。

建て替えやリフォームのときも、マンションは制約があります。

管理組合の規定があり、それに従うようになります。

ペット可能なマンションも少ないので、ペットが大好きな方も困ります。

建物が古くなっても、自分の意思だけで壊すことはできません。

一戸建ての場合は、新しくすることもできますし資産にもなります。

木の温もりを感じる注文住宅

九州に住む伯父と伯母が建てた注文住宅は、私がとても憧れている木の温もりを感じるとても居心地がいい家です。

数年前に初めて訪れた時でも、もう長年遊びに来ているかのような感じの心地いい空間で、いつまでもお邪魔していたくなるほどでした。

その住宅を建てたのはアトピーが酷い従兄弟のためを思って造られたようです。
知人に大工さんがいるので割と融通が利いて、木の温もりを感じられるのは建物だけではなくダイニングテーブルも一枚板の立派な物を造ってもらったり、クローゼットのドアも木で出来ていて特注だそうです。

年数が経つほど良い感じに味が出て来そうな雰囲気なお宅です。

それに、窓からの景色も素晴らしくキレイな山が見えてまるで絵葉書のような感じがします。
こういった住宅が呼吸が出来る家なんだなと心から感じる事ができました。

でも、実際自分の住まいとなるとコストの面もありなかなか真似を出来る事ではありませんが、そこの親戚のお宅に遊びに行く楽しみが出来たと思っています。

住宅会社に対するマナーや印象は大切

どこか住宅を利用したいと思う時には、相手に対する印象がポイントになる場合があります。なぜなら、それ1つで利用可能になるか否かも変わってくるからです。
そもそも住宅物件などは、借りる事があるでしょう。仮住まいを利用して、一旦はどこかに居住したいと思うケースもありますが、その際には審査が行われる訳です。

いわゆる入居審査を実施した上で、特に問題無いか否かを確認されます。したがって状況によっては、断られてしまう事もあります。
ところで借りられるかどうかは、冒頭でも触れた印象が重要になるケースも目立つのです。印象が良いか否かは、まず間違いなく確認される事になります。

あまり印象が悪ければ、借りる事が難しいケースもありますから、注意が必要です。
とは言っても、難しく考える必要はありません。基本的には紳士的な態度で接していれば、特に問題は無いでしょう。

ただ非常識な態度で接してしまうと、断れる事はたまにある訳です。

PR|子育て世代の家作りは新築一戸建で|