建売住宅の「仕事の丁寧さ」はどこで見る?

当たり前なことですけれど、建売住宅の見学は絶対に必要です。建売住宅は素人が見たって感じるものがありますからね。とくに悪い建売住宅の方は、素人の目からも「まずいんじゃない?」という印象を受けますから。

それはなにも、素人の思いなのだからどうのとねじ伏せるのはよくないことですからね。建築の素人だろうと、住宅の良し悪しの直感は割合当たっていたりするのですから。ですから、「この建売住宅やばいんじゃない?」と、直感的に感じたりしたら、その物件はやめておいた方がいいかもしれませんね。

見た目の安っぽさは建売住宅ですから仕方がないとはいえ、扉付けの釘打ちが雑だったりすると、全体的に雑な建て方になっている可能性だってありますからね。仕事の丁寧さは住宅の良し悪しを見る上ではとても重要です。

そしてだからこそ、建売住宅の見学においてチェックするポイントは「丁寧さ」なんですから。建売住宅を見学する際は、扉を開けてみて釘打ちの仕上がりを見たりするのもいいでしょう。細かなところに「丁寧さ」を感じられたらその建売住宅はアタリな可能性がありますから。
PR|http://www.yoko-kensetsu.com/story/0015/